家具のレイアウト(配置)を先に決めよう

layout

引越しをする時には、事前にレイアウトをしっかりと決めておくようにしましょう。

 

ここで注意してほしいのは、だいたいこんな配置というあいまいなものではなく、

どこにどんなサイズの物を置くのかというレベルで決めておくことです。

 

引越しをするまでに決められない家具があった場合は、

おおよその目安を決めてできるだけ余裕思ったレイアウトを考えるようにしましょう。

 

ここで余裕を持っておかないと、後から失敗することになります。

 

レイアウトは最終的にどんな形になるのかが重要なので、

基本的にどんな順番から決めても問題はありません。

 

自分のやり方で、好きな配置を考えてみましょう。

しかしいったいどこから手をつければ良いのか分からないという時は、

ある程度ルールを決めて考えていくとまとまりやすくなります。

 

 

まず大きな家具から位置を決めていきます。

例えばテレビは、それを中心に生活空間を作ることが多いので、

最初に位置を決めておくとだいぶ考えやすくなります。

日の光がどう入るのかも考えておけば、さらに良いです。

 

寝室は、ベッドの位置を考えてから他の家具の位置を決めていくようにしましょう。

 

他にもエアコンの場所など、

配線が関わってくるものの位置を決めておけば、後から細かい修整をする必要は無くなります。

 

最初にレイアウトをしっかりと決めておけば、搬入後の作業もスムーズに進められます。

 

もちろん後から気分が変わるということもありますが、引越しの作業は大変なので、できるだけ最初の負担を少なくすることが重要です。

細かい部分は、後でゆっくり考えていくと割り切るのも、ひとつの方法と言えます。